従来の治療法との比較

わきが治療のお悩み解決。保険適用可能な医院を探すなら「わきが治療センター」

ホーム > 治療紹介 > 従来の治療法との比較

従来の治療法との比較

  手術 ボトックス
注射
ミラドライ
効果 永久的 3〜6ヶ月限定 永久的
傷跡 残る なし なし
ダウンタイム 長め 短い 短い
治療時間 1-2時間 注射で終わり 1時間程度

※ダウンタイム‐日常生活に支障が無い程度への回復

剪除法(せんじょほう)

メスを使う剪除法(せんじょほう)は、脇を3〜4センチ切開し、アポクリン腺をはさみで丁寧に取り除く方法です。

医師がアポクリン線の場所を直視できるため、永久的な効果を得られ、保険医療指定機関であれば健康保険が適用されます。

しかし、皮膚を切開するため傷跡が残ってしまいます。加えて、ダウンタイムが長く、術後は10日ほどは安静に過ごさなければいけません。

ボトックス注射

ボトックス注射は汗の原因であるエクリン汗腺の働きを抑える効果のあるボツリヌストキシンをわきの下に注射することで、臭いと汗を軽減させます。

注射器を使用するので、傷跡が残らず、短時間で終了します。施術後、すぐに日常生活に戻れるため、忙しい方や、治療を受けたということを周りの人に知られたくない方にも有効な方法です。

しかし、効果の実感に2〜3日かかり、その効果も半年程度でなくなります。重度のわきがには効果がないため、臭いは改善されません。

ミラドライ

これらの治療に比べ、ミラドライは様々な医療分野で使用されているマイクロウェーブ波というを電磁波を使用することで、皮膚を傷つけることなくわきにあるアポクリン腺とエクリン腺を破壊し、汗の分泌を抑えます。

汗腺が多い皮下2〜3mmの層にエネルギーが集中するようにミラドライは設計されているので汗腺以外を傷つけることはありません。所要時間は1時間程度で、効果は施術を受けた日から実感できます。

ミラドライは少ない負担で手術と同等の永久的な効果を得られることが可能になりました。従来の治療が抱えていたデメリットをミラドライは見事に克服した最新の治療方法です。

→治療の流れ
0ページトップへ

メニュー

1わきが自己診断チェック
1治療紹介
2医院紹介
3「わきが・多汗症」の体験談
4よくあるご質問

カウンセリング予約

各医院へのカウンセリングの予約はわきが治療センターにお任せください。

カウンセリング予約

その他の相談・お問い合わせ

一人で悩まず無料メール相談からはじめてみませんか?疑問やご質問、お悩み等、各種ご相談はこちらからお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
1ページトップへ
ミラドライ割引モニター募集