ボツリヌストキシン注射(ボトックス等)

わきが治療のお悩み解決。保険適用可能な医院を探すなら「わきが治療センター」

ホーム > 治療紹介 > ボツリヌストキシン注射(ボトックス等)

ボツリヌストキシン注射(ボトックス等)

代表的な製剤としてボトックス(アラガン社製)があります。A型ボツリヌス毒素という毒素を製剤化したものです。そのA型ボツリヌス毒素は、嫌気性菌の神経毒素のひとつで神経伝達を抑制する作用があり、筋肉部分に直接注入し、シワを目立たなくさせたりもします。

「わきが」においては汗の分泌を軽減する効果がありますので、脇の下の皮膚全体に注射することで、汗の量が軽減されます。そうすることで一時的にわきがの臭いを軽減させることが出来ます。期間は人にもよりますが大体半年くらいだと言われています。治療も10分くらいで終わり、傷跡も残らず、当日からシャワーや入浴も可能です。

今すぐには手術できない事情がある。でも、脇の臭いは一時的でも何とかしたい。そんな方にはよいかもしれません。

→ミラドライ
0ページトップへ

メニュー

1わきが自己診断チェック
1治療紹介
2医院紹介
3「わきが・多汗症」の体験談
4よくあるご質問

カウンセリング予約

各医院へのカウンセリングの予約はわきが治療センターにお任せください。

カウンセリング予約

その他の相談・お問い合わせ

一人で悩まず無料メール相談からはじめてみませんか?疑問やご質問、お悩み等、各種ご相談はこちらからお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
1ページトップへ
ミラドライ割引モニター募集